電気宇宙システム工学コース

電気宇宙システム工学コース

宇宙開発において人工衛星の電気電子回路設計太陽電池パネルの半導体技術、無線通信などといった電工学の知識が必須になります

電気宇宙システム工学コースでは電気回路電磁気学半導体信号処理電波工学といった電気電子工学分野の基礎と専門科目ならびに宇宙材料・宇宙環境・軌道力学・ロケット推進工学など宇宙分野に特化した科目を学ぶことができます

実習では課題解決型学習(PBL: Project Based Learningを通じてシステム工学・プロジェクトマネジメントを学び宇宙工学実験を通じてそれまで学習した専門科目の内容や宇宙システム特有の事象について学びます

 

 

キーワード

超小型衛星,環境試験,宇宙構造,帯電放電,組み込みシステム,宇宙AI・データサイエンス,宇宙天気

養成する技術者像

電気回路・電磁気学・電子回路・半導体・電気電子材料といった電気工学に関する幅広い基礎知識と宇宙工学の専門知識を有し,それらを応用して次世代の宇宙システム,宇宙インフラを開発できる人材を育成します.また,システム工学やプロジェクトマネジメントをPBLで実践的に学び,将来物作りの現場で宇宙システムに代表される複雑な工学システムを開発できる人材を育成します.