教育の特色

教育の特色

平成30年4月、九州工業大学に日本で初の宇宙システム工学科が誕生しました。宇宙システム工学科では、 宇宙システムに限らず、様々な分野における複雑な工学システムの創生、研究開発、製造、運用を担える高度 技術者・研究者の養成を目指しています。学生は、2年次から「機械宇宙システム工学コース」と「電気宇宙 システム工学コース」に分かれて機械または電気の専門科目を学びます。更に、宇宙工学に関する専門科目を 学ぶと同時に、システムエンジニアリングやプロジェクトネジメントを講義やPBL(Project Based Learning, 課題解決型のグループ作業)を通じて学びます。学生は、宇宙システムを題材として、複雑なシステムをどの ように作りプロジェクトをどのように実施するかを学びつつ、システム及びプロジェクト全体を俯瞰できる資質を身につけます。
宇宙システム工学科は、次世代の宇宙開発や宇宙利用を担いたいと思うキミたちに、ホンモノの宇宙を学ぶ 場を提供します。宇宙システム工学科には、1年次の工学2類、3類、5類から進学できます。

主な授業科目

学科共通<1年>

解析学Ⅰ
線形数学Ⅰ
物理学Ⅰ
物理学実験
化学Ⅰ
情報リテラシー

機械宇宙システム工学コース<2年次より>

材料力学Ⅰ
熱力学Ⅰ
流体力学
機械力学Ⅰ
伝熱学
圧縮性流体力学
設計工学Ⅰ
設計製図Ⅱ
機械工学実験Ⅰ

電気宇宙システム工学コース<2年次より>

電気回路Ⅰ
電気回路Ⅱ
電子回路Ⅰ
電子回路Ⅱ
電磁気学Ⅰ
半導体デバイス
電波工学
パワーエレクトロニクス
電気電子工学実験

学科共通<2年次より>

システム工学
飛行力学
宇宙システム環境
宇宙システム利用
軌道力学
飛行制御
宇宙エネルギー・推進工学
宇宙構造工学基礎
宇宙工学実験
宇宙工学PBL